カルドセプト® リボルト

カルドセプト® リボルト

ゲーム紹介
10年ぶりの完全新作となる『カルドセプトR リボルト』が、2016年7月7日に発売されました。
気軽に遊ぶことのできるスゴロクと、自分で戦略を考え、自分の手札で戦うカードゲーム、双方の魅力を持つ『カルドセプト』シリーズ
が、今年完全新作として、10年ぶりに復活しました。
新たな力を宿すカードなど、200枚以上の新カードが登場したり、自分だけのクリーチャーを育てるブリードカード、
スピーディな展開で、10年ぶりのわくわくを楽しむことができるよう、さまざまな部分がパワーアップしています。
『カルドセプト』シリーズを知らない人でも、楽しめる要素が満載になっているようです。

カルドセプトR リボルトを一番安く買えるお店ってどこなの?

安心して購入できて、しかも安いところといえば、ネット通販大手のAmazon(アマゾン)ですよね。他にも楽天市場、Yahoo!ショッピングがありますよね。
この大手3社の価格を参考に「カルドセプトR リボルト」の販売価格を徹底調査してこのページ下の方にランキングにしてありますので、是非ご覧下さい!ひと目で安く買えるお店がわかっちゃいますよ~!

カルドセプトR リボルトの魅力を動画で紹介!

カルドセプトR リボルトのプロモーションムービーです。中央の再生ボタンを押してご覧下さい。

カルドセプトR リボルトの価格などの基本情報

カルドセプト® リボルト

カルドセプトR リボルトの基本情報

メーカー:任天堂
発売日:2016年7月7日
定価:5,076円 (税込)

カルドセプトR リボルトのネットでの口コミレビュー、評価、感想など

やり込み派には最高の作品
価格も安く、ルールさえ理解すれば最高のボードゲームです。キャンペーンだけでも十分に楽しめるでしょう。

しかし!このゲームの醍醐味は対人戦です。何となくデッキを構成し、何となく領地のレベルをあげれば勝てるCPUとは違い、相手の手札、癖、デッキ構成予想、打ち手予想をしながら一手一手にヒリヒリ喜怒哀楽しながら楽しめるのが対人戦です。

そういう意味では格ゲーやFPSに近いものがあります。攻略法がありプレイヤーが勝てるように作られてるキャンペーンはあくまでチュートリアル。

ネットで見知らぬ人にボコボコに任されてもめげずネットで調べて試行錯誤して作戦を練り何度も何度も挑戦できる人にとっては本当に最高の作品です。

それと有料コンテンツですが…どれも必要ないものです。買わなくても1%もゲームに支障がありません。その辺は安心してください。

引用元:Amazon

全作プレイ済
新作が出るたびにカードを揃えるのが大変だが
プレイしていたら自然と揃います
やはり、対戦が熱いですね!一度のプレイに結構時間が
かかりますが、熱中していて気づいたら
結構な時間やっていたりしますよ

引用元:Amazon

カルドセプトR リボルトの価格比較ランキング!一番最安値で買えるお店はここだ!

カルドセプトR リボルト

が安く買えるお店TOP3の発表です。ただ、販売価格は頻繁に変わるため、掲載情報が最新でない場合があります。1円でも安く買えるように下のランキングのリンクからアマゾン、楽天、ヤフーを全てチェックすることをオススメします!

No.1 Amazon アマゾン
No.1 Amazon アマゾン

3,200円(税込)
※アマゾン内の最安値

⇒商品詳細ページはこちらっ!

どんな商品でも安く買えるアマゾン。すでに安い販売価格からさらに6~10%引きで買える法方があるのはご存知ですか?詳しくは下の『お得に手に入れる法方』をご覧下さいっ!

No.2 楽天市場
No.2 楽天市場

4,120円(税込)
※楽天市場内の最安値

⇒商品詳細ページはこちらっ!

楽天市場でゲームソフトを実質無料、場合によっては楽天ポイントが数千ポイントも手に入るという裏ワザがあるというのはご存知ですか?詳しくは下の『お得に手に入れる法方』をご覧下さいっ!

No.3 Yahoo!ショッピング
No.3 Yahoo!ショッピング

4,140円(税込)
※Yahoo!ショッピング内の最安値

⇒商品詳細ページはこちらっ!

Yahoo!ショッピングでゲームソフトを実質無料、場合によってはTポイントが数千ポイントも手に入るという裏ワザがあるというのはご存知ですか?詳しくは下の『お得に手に入れる法方』をご覧下さいっ!

※消費税は8%として計算されています。
※あくまでも調査時の価格です。
※在庫、価格は変動しますので、詳しくは掲載先をよくご確認の上、ご注文下さい。
※送料が別途かかる場合がありますので、詳しくは掲載先をご確認の上、ご注文下さい。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事にはコメントできません。